あたふたあたふた・・・

うるるのあたふたする日々。ごゆっくりどーぞ。

Entries

どたばたの顛末【不幸中の幸い?】

ちょっと悩んだんですが
昨日のどたばたの顛末を書いておこうと思いました。
※あんな短い記事にもたくさん拍手いただいたので

あ、でも。
痛い話とか、苦しい話が苦手な方はスルーでお願いします。

また、夜中に「コンプリートサンデー」の話を
アップする予定でございます。

------------------------------------------------------

昨日はわたくしお仕事で。
締めの時、電話の電波が微弱な地下にいまして

メールが届くか届かないか・・・くらいな環境なんですが
お仕事があと20分くらいで終わる・・・くらいの時間に
「留守電」のメッセージだけ届きました。

でも、電話はさすがに出来なくて
『あとちょっとで終わるから、外出てから確認しよう』
放置してたら、10分後に今度はメールが。
なに?って思ったら母からで

「いま○○病院来ました」(原文のまま)
え?病院て?・・・と思い、会社の電話で母の携帯に電話。

すると、数十分前に、父の具合が悪く救急車で搬送されたとか。

あ、皆さん慌てないで下さいね。
バッタリ倒れたとかではなく
ちゃんと自分で歩いて救急車に乗ったらしいです。

ただ、家で気持ち悪くてリバースした時に
かなりの血を吐いたそうで本人もビックリ。
トイレで母を呼んだらしいのですが
母はTV見ててさっぱり気づかず・・・
※後に病室でモメてました

『動けない・・・』と言う父に母が
『タクシーがいい?救急車がいい?』と聞くと
『・・・救急車。』と言うので救急車で搬送されたらしい。
※後の事情聴取にて判明

とりあえず、仕事が終わったらスグに病院に向かう事に。

本当は父のかかりつけのちょっと遠めの病院に行って欲しいと
お願いしたそうなんですが
先生がいないのでムリ・・・と言われ
もっともっと遠い病院に行くことになりそうだったんですが
母の『遠いとこだと通えない・・・』と泣き言。
救急隊員の計らいで、家から一番最寄りの病院に
電話して聞いてくれたそうです。

てなわけで
昨年、母が入院した同じ病院に搬送されました。

仕事が終わって外に出て留守電を聞くと
母の『どーしよー・・・・』とメッセージが残ってて・・・

こういう時、当人(父)よりも
うろたえちゃう母の方が心配で、足早に病院へ。

でも、病院に到着すると、救急の処置室・・・みたいなとこの
控えイスのとこにいた母は
心配してたほどは動揺してなかったので、ちょいと一安心。

母から、ここまでに至る顛末を聴取。
同時に、最初の処置が終わった父ともご対面できました。
意識もちゃんとあり、話せたので本人からも聴取。

なんでも、お昼ご飯もしっかり食べて
日中は元気に出かけたりしてたそうです。
夕ご飯の時間ぐらいに「なんかヘン?」になって・・・
でも、痛くもなんともなかったそうです。

歳とると、急に来るもんなのね。

でもって「これから内視鏡の検査」ということで
母と一緒に付き添うことに。

これが不幸中の幸いだったんですが
最初の処置をして下さったのが内科の先生だったのと
消化器の専門の先生がちょうどいらっしゃったので
看護士さんから『ホントに良かったわねー!』
言われました。

内視鏡で内蔵を診たところ、大腸などはキレイで何もなく
やはり、胃に大きな潰瘍があり、そこから出血したのが
今回の原因とのことでした。

レーザー?で焼いて出血を止める処置をして下さったそうですが
沢山の血が胃壁に付着していたり
破れた血管にくっついてるかさぶたが大きかったので
最初に入れた管が細くて吸引できず、太いものに代えたりしたそうで
1時間近く内視鏡を飲み込んでいた父は
かなり苦しかったようです。
※看護士さんがすごく褒めてくれてました
 『とっても頑張ったのよー!』って

部屋の外で待機してた、うる母娘ですが
扉が開いてるので、話す声とか父の苦しそうな声とか
全部聞こえてまして。

まー、うる母の落ち着きのないこと・・・

母『ちょっと・・遅くない?時間かかり過ぎじゃない?』
う『だから、さっき看護士さんが
  「ちょっと時間かかりますが大丈夫ですから」って
  わざわざ言いに来てくれたじゃん・・・』

母『そうだっけ?』←さっぱり聞いてない

機械の「ぴーん」とか「ぽーん」という音がするたびに
母『あれって(ドラマで)大変な時の音じゃない?』
う『違うから・・・』
※ドラマの見すぎ・・・

この他
『トイレ行きたい』『寒くなっちゃった。カーディガン貸して』
『今度は暑くなっちゃった。カーディガンいらない』

まー、ちょこちょこちょこちょこ・・・

黙ってお座んなさい!
何度も「ステイ!」(ワンちゃんのしつけ風)って
言いそうになりました・・・

そしたら、やっと大人しくなったので
どした?って思ってみたら
バッグからお守りを出して祈り出しました。

だから・・・・
胃潰瘍くらいで死なないし・・・

もー、ワケわかんないんだから・・・
しっかりしなさいってば!
※私に言われるなんて・・・

処置が終わったので、ツッコミどころ満載の母と父のとこへ。

ここでも先生が内視鏡の写真を見ながら説明して下さったのに
うる母、さっぱり聞かず。
「こういうのダメ・・・」と言い、下向いて拒否

察した看護士さんが私にだけ伝えてくれたんですが
潰瘍が大きくて、かなりの出血だった・・・と。
吸引した血液の量(ビンみたいなのに入ってる)を
指差して見せてくれました。

月曜が休日なこともあり、連休明けにまた内視鏡で確認するそうで
しばらくは絶食、点滴な日々になるそうです。

血圧も貧血も、心配したほどではないそうなので
輸血もしないで済んだので、これまた一安心でした。

今日も午前中、母と病院へ。
身の回りの物を届けて、父とも話してきました。

月曜はお仕事遅出なので、また母と行って来ようと思います。

はたして・・・
火曜の内視鏡の検査と、先生の説明を
うる母はちゃんと聞けるのか?
自分の検査結果ですら『怖くて聞けな〜い・・・』とか
平気で言う人なもんで・・・
※かつて、仕事の休み替わってもらって同行しました・・・

今の心配ごとは、父・本人よりも、このことです(;ーー)
※火曜はお仕事が休めないのよ・・・

今日がお休みでよかったわ・・・

ま、今まで元気で、入院したこともない父なので
かなり心配しましたけど
大事には至らないようなので、ちょっと安心てとこでしょうか。


さー。
お夕飯食べて来よう。

また夜中にねー!
今度のアップは「コンプリートサンデー」の話の予定なので
お楽しみにー!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

うるる

Author:うるる
日々の事やら、
みごとにハマったKAT-TUNの話やら
いろいろとまじえつつお送りします。
コメントや拍手をいただけると
とても励みになります。
褒められると伸びるタイプなもんで
てへっ(*^^*)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

右サイドメニュー